スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/7: 第12回~第15回電気料金審査専門委員会(動画)

「さようなら原発1000万人 アクション」
7・16は「さようなら原発10万人集会」へ!  ☆署名も!!
呼びかけ文はこちら

OurPlanetTV: ネバーギブアップ〜野田総理に脱原発運動継続宣言
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ : 8月22日 原子力ムラは、未だに無傷で生き残っている 東京電力だって、株価がゼロになったわけではありません なんでこの人達がぬくぬくと生きてるのかなと 野田さんがその主犯だと私は思います 小出裕章(MBS)

視点…時代錯誤の公選法=論説委員 人羅格 毎日新聞 社説 12/7◇「有権者不信」から転換を ○活動を幅広く規制する公選法は「べからず集」と呼ばれる。「選挙運動期間」を設け、戸別訪問などを厳しく制限する国はほとんどない。  ★改憲を進めた安倍コベ氏に、良く似合う⁉ 「べからず集」と有権者不信
国家公務員機関紙配布: 最高裁判決 違憲判断欲しかった 弁護団、評価と批判 毎日新聞 12/8
公務員政治活動 過剰な摘発への警鐘だ 毎日新聞 社説 12/8 ○公務員の政治的中立性と憲法で保障された表現の自由がてんびんにかけられた2件の裁判。最高裁は「政治的行為として禁止の対象となるのは、公務員の政治的中立性を損なうおそれが実質的に認められる行為に限られる」との初判断を示した。
政党紙配布判決 言論を封殺せぬように 東京新聞 社説 12/8 ○政党紙を配布した国家公務員二人に最高裁が、無罪と有罪の分かれた判決を出した。ビラ配布を相次いで摘発した日本政府に国連が「懸念」を表明していた。自由な言論が封殺されぬことを望む。
 「憲法九条は日本国民の宝」
 そんな内容の新聞を配布しただけで、男性は逮捕された。共産党の機関紙「赤旗」で、男性が旧社会保険庁の職員だったからだ。公務員の政治的中立を求めた国家公務員法違反に問われた。逮捕は二〇〇四年だ。最高裁で「無罪」となるまで、実に八年間も要した。あきれるほど長い。
国公法2事件最高裁判決 国民の基本的人権を保障せよ 赤旗 主張 12/8

 ◆首都圏のデモ情報◆ 脱原発スモールアクション
 ◆脱原発デモ&アクション情報◆ ※クリックすると詳細にリンクします (外部リンク)
  →終了した脱原発デモ&集会の情報はこちら
  脱原発スモールアクション トップページ

@動画: 放射線被曝は4階建て(自然放射線+医療被曝+核実験+原発)/武田邦彦(たけだくにひこ)教授の説明が分かりやす過ぎる! ○ほか 動画

  Documental Terremoto y tsunami de Japón 2011 HQ 720p Gran terremoto de Japón
 
 ★ちょっと、刺激的か。心配性の方は、ご遠慮下さい…。地震・津波の威力…
 戦争反対周知パレード - 2013年1月26日(土)
 
 1.27脱原発デモ『第4回No Nukes! NAGOYAデモ』 - TwitNoNukes名古屋
 

 中日新聞 特集・連載 > 日米同盟と原発
最新の記事 から
 ☆割愛=11/11分、参照ください。

 孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 

 【福島第一原発の現状】 57歳作業員が死亡 アイナメから過去最大セシウム 東京新聞 8/25 ○福島第一原発の現状、図示
 政治的影響力試される日本の反原発運動

 9.29脱原発国会大包囲空撮〜人が溢れた瞬間映像
 

 脱原発の鎖が国会包囲〜議事堂前に解放区!(2012年7月29日)
 

電力会社の利益、7割が家庭から 東電では9割
新基準対応、数百億円規模に=電気料金の上昇要因―電力各社
電力9社が支える日本原電、全原発停止でも最高益のカラクリ…出所は国民負担? ○保有する原発3基のうち敦賀1号機と2号機が廃炉になれば、計画している敦賀3号機、4号機の建設も絶望的だ。11年3月11日に発生した東日本大震災による被害で停止した東海第二発電所1号機も東海村が廃炉を求めており、再稼動のめどは立っていない。原電は実質的に動かせる原発がゼロになる。…原電の12年3月期の収入は東電からの464億円(総販売実績に対する比率32.2%)を筆頭に、関電が340億円(同23.6%)、中部電307億円(同21.3%)、北陸電213億円(同14.8%)、東北電116億円(同8.1%)など。発電していようがいまいが、電力各社から確実にカネが入る仕組みになっている。原子力ムラの互助会なのである。  ★基本料金の支払い
法制度・規制:発送電分離の検討が進む、実施方式は「法的分離型」が有力に ○発送電分離が求められる背景にあるのは、現在の電力会社による独占的な市場のもたらす弊害だ。10社の電力会社が発電・送配電・小売の3つの役割を地域ごとにほぼ独占しているため、電気事業の新規参入が難しく、競争原理が働きにくい状況になっている。その結果、発電コストの高い電力が高い料金で売られる構造ができている。
 電力会社による発電・送配電・小売の一貫体制を変革することが発送電分離の考え方だ。特に送配電の部分を電力会社から独立させることによって、発電事業者と小売事業を増やし、競争によって安い電力が流通しやすいようにする。そのためには送配電ネットワークを中立的な立場の事業者が運営する必要がある(図1)。但し…

 第15回電気料金審査専門委員会1
 
 平成25年1月18日、総合資源エネルギー調査会 総合部会 第15回電気料金審査専門委員会を開催しました。なお、議事要旨は以下の経済産業省HPにてご覧いただけます。
 第15回電気料金審査専門委員会2
 
 第15回電気料金審査専門委員会3
 

 第14回電気料金審査専門員会1
 
 平成25年1月10日、総合資源エネルギー調査会 総合部会 第14回電気料金審査専門委員会を開催しました。
 第14回電気料金審査専門員会2
 
 第14回電気料金審査専門員会3
 
 
 第13回電気料金審査専門員会1
 
 平成24年12月26日、総合資源エネルギー調査会 総合部会 第13回電気料金審査専門委員会を開催しました。
 第13回電気料金審査専門員会2
 
 第13回電気料金審査専門員会3
 

 第12回電気料金審査専門員会①(2012年12月12日)
 
 平成24年12月12日、総合資源エネルギー調査会 総合部会 第12回電気料金審査専門委員会を開催しました。
 第12回電気料金審査専門員会②(2012年12月12日)
 
 第12回電気料金審査専門員会③(2012年12月12日)
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2/8: 原発 「不要」、近畿43%=初めて「必要」を上回る! 目覚めは近畿のみならず!?反原発・脱原発

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍裕

Author:龍裕
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。